ワイマックス豆知識

実は海外の一部の国でも、日本国内と同じ便利なWiMAXサービスが使えます

実は海外の一部の国でも、日本国内と同じ便利なWiMAXサービスが使えます

実は海外の一部の国でも、日本国内と同じ便利なWiMAXサービスが使えます。すでに、アメリカ合衆国および韓国での利用ができます。ただし今は、WiMAX通信可能なパソコンに制限されているということです。

ご存知jYouTubeならば通常の画質のレベルでADSL程度の速度があれば大概はスムーズに再生可能です。ですから、お手軽なWiMaxでも心配ないと言えるでしょう。

もちろん東京や大阪などの都市部で過ごすことが多いようならWimaxがいちばんおススメです。ところが今頃は公共の施設とか学校や飲食店の多くではフリーで提供されているwi-fiスポットが存在していますのでそんなに必要ないかもしれません。

つまりスマートバリューというのは、AU光以外のものでも利用することが制限されていないので、ローカルのケーブルテレビ局が提供しているインターネットサービスなど他のものも、考えてみてもOKです。

現実にお手軽なWiMAXルーターを使っている人の中には、わずかでも通信状態の良い環境をキープしようと、接続中のWiMAXルーターを部屋の窓際のところに持って行って使用しているようなんです。


最も高速の光回線は、普通の固定電話の料金とは違って、固定回線にもかかわらずモバイル回線に比べて毎月の支払金額が高額になるものなので、料金を一本化すればかなりの月々の通信にかかる費用を賢く節約することが可能になります。

みんな知ってるフレッツ光に加入した場合キャッシュバックを始めとした特典があることが知られていますが、そういう特典は本来であれば代理店が受け取るはずの事務手数料を還元してでもなんとしても新規契約獲得数を伸ばすことを目的に驚くほど高額な条件を出しているわけです。

要するにWi-Fiルーター端末という機器は無線による回線とモバイル通信機器を無線LAN(Wi-Fi規格)によって中継する機能を持った端末です。何台もの機器を無線LAN(Wi-Fi規格)を使って接続することがなんなくできます。

電波を発信する局がたくさんあれば安定傾向にあるけれど通信速度が下がる、逆に発信局が遠い場合とか少ない場合は通信が不安定になりがちだけれど速度は伸びる。こういったものは新技術であるWiMAXの性格と言えます。

わかりやすく言えばWi-Fiでなければ接続できない端末を使用するときも、お手軽な光ポータブルも合わせて持ち出せば、一般的な3G回線(携帯の電波)が届いているエリアだったら、どこだってネット接続がすぐに可能です!


利用者急増中のWiMAXは利用する帯域が2.5GHz帯とされていますが、建物の中は苦手で、室内だと窓際以外では全然接続できないという地域も少なくなくて、お使いの状況によっては利用できないのです。

お手元のガラケーはそのままで、ネットに接続する場合はwimaxを使用して、スマホとかタブレットはショップではない店舗で購入したら、月々支払う料金は賢く安く抑えることが可能です。

確かに何年か前までは、利用できるエリアの範囲が狭いことがWiMAXの欠点であるといわれていましたが、ここ数年は「エリア全力宣言」という広告などで、利用可能エリアの大幅な拡大に本気で力を込めているみたいです。

低価格で人気のWiMAXの場合、通信に使う周波数が携帯電話のものより高いものであること及び、新しい会社のため受送信に必要なアンテナの設置を引き続き実施しているところなので、特に屋内においては電波がかなり弱い状況もある状態です。

取り扱うプロバイダによって多少なりの差が生じますが、すごく早いプロバイダだと、契約の申し込みをしたら、ルーターが最短であったら申し込み日のうちに発送され、次の日にはちゃんと届いてその日からWIMAXが使えるようになるわけです。

ホーム RSS購読 サイトマップ