ネット接続に必要なWi-Fiルーター端末

ネット接続に必要なWi-Fiルーター端末

ネット接続に必要なWi-Fiルーター端末

ネット接続に必要なWi-Fiルーター端末というのはネットの無線回線と無線LAN用のモバイル機器をWi-Fi規格の無線LANによって中継する端末のことです。何台もの機器を無線LAN(Wi-Fi規格)を利用して接続することがなんなくできます。

料金を節約できるスマートバリューというサービスは、AU光じゃなくても申し込み制限されていないので、ローカルのケーブルテレビ局が提供しているインターネットサービスなど他のサービスも、考えてみてもOKです。

ここ数年は携帯やスマホの電波を使うことでネットに常時接続しているなんて人が目立っているため、料金の定額制をやめようという考え方が多くなってきています。すでにアメリカでは、これまでの定額制から従量制に変えたケースもあるということです。

フレッツ光などと比べれば、人気上昇中とはいえWiMAXは非常に通信速度が遅いものなのです。広告などで目にする理論最大値の40Mbps(下り最大)なんてスピードは実際には不可能です。まあ12Mbps位であればましなのです。

いろいろなメーカーから発売されているWiMAXのルーター選びについては、最後にはピンときた端末を選択しても問題ないのです。どのメーカーの端末を選んでも一般的な環境で利用するくらいだったらそれほどの違いが感じられるわけでは決してないのです。


WM3800Rを使えば、最初に一度うまく接続すれば接続したスマートフォンが3Gの状態に落ちてしまう状況でも、なんと4Mbps程度で通信が続くなど新開発の「WiMAXハイパワー」が働いているということを実際に感じていただくことが可能です。

つまりWi-Fiが使える距離というのは使用しているルーターのWi-Fi出力をどのくらいにするかで変わるのです。もちろんWIMAXでも出力をどんどん上げればこれまでより遠方まで届くようにできるけれど、これをやると猛烈にバッテリーを消費してしまいます。

やはり外であっても家でもモバイルWIFIルーターだけでインターネットトを楽しんでいると、LTEの契約だと一定以上使いすぎると回線の速度に利用制限をかけられてしまう場合もあるわけですから無制限のWIMAXをおすすめしたいのです。

安定した人気のWiMAXはまず15日間の無料レンタルサービスを体験していただくことだってできるようになっているので、まずはそれを使ってみてあなたがお住まいの地域で接続に関するストレスが無く使えるかどうかについて確認することが可能だと思います。。

通信量が多くて容量規制に引っかかってしまうと通信速度を極端に絞られます。こんな通信規制が無いのはWiMAXだけなんです!ちなみにXiやLTEは、一定の追加料金を払えば規定の通信量まで通信規制がはずされます。


外出先でもネットにつながるWIMAXがいつも必要というのならだんぜんベーシックな定額プランがお得なんです。定額の場合の価格は、"だいたい3800円程度"がほとんどですが、中にはなんと3千円台前半という格安で利用できるプロバイダ

PS3では当然無線接続もできるようになっていますが、WiMAX用の機器には用意されているクレードルに有線LANでつなぐことができるタイプも販売されているので現在、有線接続されているLANケーブルを取り替えることで結構です。

ブランド力の強いauのWiMAX対応スマホだったら、WiMAXでネットに接続したら、ものすごく通信量を利用しても(つまり高画質の動画を何十時間視聴したとしても)通信料の制約がかかる事はないので安心です。

無線LANとかWIMAXなど無線機器は速くなったといっても、残念ながら有線LANに比べてしまうと大きく通信速度に差が出るのが現状です。そこそこの有線LANでは一般的に実測75Mbps程度の速度が出ているものです。

電波発信局が多い場合は安定する傾向があるが速度が落ちてしまう、逆に発信局が遠いとか少ない場合は安定は犠牲になるけど回線速度は速くなる。こういった現象がWiMAXならではの特徴と言えます。

ホーム RSS購読 サイトマップ