ワイマックス豆知識

確かに最近は無線LANとかWIMAXなど無線機器が以前より速くなったといっても

確かに最近は無線LANとかWIMAXなど無線機器が以前より速くなったといっても

確かに最近は無線LANとかWIMAXなど無線機器が以前より速くなったといっても、もちろん有線LANの速度に比べてしまうと大きく速度に違いが出るのが現状です。ある程度の有線LANでしたら実際に75Mbpsくらいは出ているものです。

心配なのは無線LANだと、ルーターの設置者(管理者)がきちんと接続制限の設定をしていないという場合、ルーターが発信した電波が届く範囲内に子機があれば、赤の他人でも自由に無線LANを利用できるのです。

最近話題のWiMAXと言えばやはりUQですが、最初に必要になる費用とか契約年数、キャッシュバックがあるかないかなどによって多少違う場合があるので、あなたの希望する条件にピッタリなものを選んでいただくとベストです。

外でもネットにつながるWiMAXの基地局についてはUQWiMAX(MNO)が自社で設置しているもので、いわゆるMVNO各社はそれをUQWiMax社に借りているということ。ですから、どこを選んで契約していただいても電波状況とか通信速度は全く違いません。

簡単に言えばWi-Fiルーター端末という機器は無線による回線と無線LAN用のモバイル機器をWi-Fi規格の無線LANによって中継する端末のことです。一度に複数の機器をWi-Fi規格の無線LANでネットに接続させることが簡単にできるのです。


低価格のWiMAXの速度でも実務上は支障ありませんが、光接続による1Gbpsという驚異的な速さは全く別物だと思います。そんな速さを知らない方であれば、WiMAXであってもスピードに関するストレスは感じることはほとんどないでしょう。

お得感満点のスマートバリューというのは、AU光じゃなくても契約することができるものなので、ほかのケーブルテレビ局の提供するインターネットサービスなどだって、検討されるというのもアリだと思います。

人気のWiMAXは、遮蔽物とかノイズに弱いという弱点があるわけです。電波を通しにくいコンクリート製の建物の中とか、地下にいるときなどは、十分な電波がさえぎられて届かず回線の速度が非常に遅くなります。

搭載機器急増中のWiMAXの場合、使用する周波数が携帯電話などの周波数より高いこと、まだ新しい会社であり必要なアンテナの設置のための作業を各地で引き続き実施しているところなので、特に建物の中などにおいては電波がかなり弱いときがあるのでご注意ください。

エリア拡大中のWiMAXが使う帯域は2.5GHz帯なんですが、屋内は苦手で、部屋の中だと窓際でなければ全然つながらないという場所も実はわりと存在し、状況によっては利用できないのです。


結局Wi-Fiの使える距離については使っているルーターのWi-Fi出力をどのくらいにするかで影響されます。もちろんWIMAXでも出力を既定よりも上げてやることで遠くのほうまで届かせることができますが、この場合急激にバッテリーを消費してしまいます。

大きな違いはスマホを使ったテザリングでは、一定の通信量を超過したときに速度制限がかかってしまって、いざという際に通信できなくなるのですが、WiMAXだったらこのような通信量による利用制限がないので安心です。

エリア拡大中のWiMAXに使うルーターを比較すると、絶対に継続時間が長いルーターの方がここぞというタイミングで信頼できるし、サイズもできるだけコンパクトで小さくて軽い機器が魅力的です。

知っている人もいるかもしれませんがWiMAX対応の通信端末というのは、根強い人気のWindowsXPとの相性がよくなくて、普通の状態のままで使用すると回線の通信速度がどうしても下がるので端末を提供しているメーカーにおいては対策をとるためにバッチファイル(コマンドファイル)を用意しているわけです。

最近は無線LANに接続できる場所が増えていますけれど、そうであっても、かつて携帯電話なんてものがまだ普及していなかった頃、公衆電話を探して歩き回ったのと同じように、携帯があっても無線LANスポットを探しているというわけです。

ビッグローブ ワイマックス キャッシュバック特典で最も重要なポイントとは?

ホーム RSS購読 サイトマップ