ワイマックス豆知識

契約したプロバイダーによって申し込みに伴うキャッシュバックを支払いがあるタイミングがかなり違います。

契約したプロバイダーによって申し込みに伴うキャッシュバックを支払いがあるタイミングがかなり違います。

契約したプロバイダーによって申し込みに伴うキャッシュバックを支払いがあるタイミングがかなり違います。実際の入金までには新規利用開始から定められた期間を経過しておおよそ12か月後くらいになっている業者が大部分となっています。

ブランド力の強いauで販売しているWiMAX対応スマホだったら、WiMAXによって接続した場合、いくら通信量を使ったとしても(つまり高画質の動画を長時間視聴したとしても)通信制限を受ける事はないわけです。

最近ではWiMAXルーターで使われているバッテリーを可能な限り長持ちさせる開発なども活発に行われているのです。一例をあげると通信機器がネット接続していなければ、その場合の消費電力をできるだけ少なくすることでの省電力化などに取り組んでいます。

外でもネットにつながるWiMAXの基地局などの設備はMNOであるUQWiMAX社が自ら設置しており、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)各社は本家のUQWiMax社から借用して運営しているのです。ですから、どこを選んで契約していただいても電波状況は同じなのです。

ネット接続に必要なWi-Fiルーター端末という機器は無線の回線とモバイル機器(無線対応の)をWi-Fi規格の無線LANによって繋ぐことができる端末のことです。同時に何台もの対応機器をWi-Fi規格の無線LANで繋ぐことができる能力があります。


残念ながらモバイルデータ通信を利用して回線速度の優位性を求めるというのは無理というものです。利用可能なエリア内の同一位置であっても建物のどの階なのかであったり、屋内か屋外かでも実際の回線の速度は大きく異なります。

スマートフォンであれば、契約中の携帯回線事業者の回線は経由しなくても、無線LANのみによる通信だとしても対応しているので、部屋の中に無線LANの親機となる機器を設置してやればいいのです。

最初はwimaxの本体のどこかにSSID(識別用)及びセキュリティキーが書かれていますから、スマートフォンの方はメニューのwifiの設定から該当機器のSSIDを見つけてさらにセキュリティキーを形式通り入力すれば使用できます。

話題のWiMAXでしたら不安な通信量による利用制限がなく、とことん使用してもエクストラチャージはいりません。1年間の継続していただくと"そのまま「なんと月額3880円で"使い放題」を使ってお安く誰でも不安なく

やはりフレッツ光に比べたら、便利なWiMAXは非常に通信速度が遅いのです。広告などで目にする理論最大値である40Mbps(下り最大)なんてスピードは現実には不可能です。まあ12Mbps位であれば良しとしなければいけません。


ほとんどの場合インターネット回線はだいたい5M程度あれば動画もスムーズに再生することが可能だし、さらに速度が7〜8Mを超えている状態だったら実感としては速度が違うことはまず実感することはないでしょう。

スマートフォンを利用したテザリングでは、事前に設定された通信量を超過したときに速度が制限されてしまい、いざという際に通信不可になってしまいますが、WiMAXだったらそんな通信量による利用制限がないからおススメです。

利用に際してゲームとか膨大なデータ量のマルチコンテンツや色々なプログラムの実行のためには、パソコンの直接操作だって必須になりますから、モバイルよりもフレッツ光でネット接続した方がトラブルを防ぐことができます。




モバイル回線というのは使う環境によって速度がばらばらなので、固定回線からWiMAXに変えたところ回線速度が5〜6Mを下回るようなら慣れてくるまでは少なからず回線スピードに不満を感じてしまう人もいるようです。

Wimaxというのは信号を受信するエリアによって受信状態や速度にすごく影響があるので、契約の前に無料のトライアルサービスとして準備されている「TRYWIMAX」に申し込んで現実に使用するエリアでしっかりと確認した方がトラブルを防げます。

ビッグローブ ワイマックス キャッシュバック特典で最も重要なポイントとは?

ホーム RSS購読 サイトマップ